osamantha’s blog

30代若年性パーキンソン病 3児を育てながら起業した旦那(無収入からの出発)を支える母、妻の日常を書いています。起業はH30.3.11〜

何をするのか?

おはようございます☀

 

月曜日‼️今日はこれから次男を病院へ連れて行きます👶登園のOKがでたら私もそのまま仕事へ行くので念のためお弁当を持って病院へ行ってきます‼️

 

昨日は午前中はあまり薬の効きが良くなくて気持ちも沈んでいましたが午後はちゃんと効いてくれました。

 

何だか複雑なのですが、薬が効かないともちろんジスキネジアも出ません。

ただただ怠くて、色々と考えることも億劫になりひたすら次の薬の時間を待つ感じです。

薬が効いてるとジスキネジアは出るのですが動くこともでき、色々考えることもできます。

 

あんなにジスキネジアに悩んでいたのに今回の薬の効かない状態が辛すぎたのか、ふとジスキネジアが出てもいいから動ける方がいいと思ってしまいました💦

 

さて今日のテーマである、何をするのか?

ですが旦那の起業の内容です❗️

 

 

不登校や病気で入院していて学校を長期欠席している子どもたちは、約20万人。その子たちは、基礎的な学力や社会性の獲得を得難い環境にあり教育格差や貧困へとつながる可能性がある。そういった子どもたちが学べるユニークな授業をする学校をつくる。

 

旦那の言葉そのままを載せました。

 

というものです。

 

まずは実際に不登校の子供や病気の子供たち、本人や親御さんの話を聞きに行っていました。

 

私はというと次男とお留守番…

 

この間、無収入です。

話を聞きに行くガソリン代ももちろん実費…出るだけでて入るものなし…

 

何というかものすごく現実的な私はただ      不安   

しかありませんでした…