osamantha’s blog

30代若年性パーキンソン病 3児を育てながら起業した旦那(無収入からの出発)を支える母、妻の日常を書いています。起業はH30.3.11〜

父の思い

私のブログではかなり登場回数の少ない父の話です 笑😅

 

 

最近私は父が亡くなる夢を見ます。

 

先週は「〇〇(私のこと)に帰ってくるように言ってほしい」と言って亡くなったよ。と母から聞かされる夢を見ました。

 

それを昨日母と電話した際に話しました。

そしたら母が

 

お父さん、あんたの体のことをかなり心配ちょるけん、それが強い念になって夢に出てきたんやわー

 

と言いました。

 

私がパーキンソン病と診断されてから父は仏壇と、地元では「神様」と呼ばれている神社⛩に毎日お参りに行っていると母から聞かされたことがありました。

(父は信仰というのがあまり好きではない人です)

 

それを聞いた時は正直驚きました。

 

私自身、ある程度の反抗期はあったものの父の物と一緒に洗濯しないで❗️

臭いから近付かないで❗️というような反抗期はありませんでした。

 

ただ、父はお酒を飲むと少し厄介でその時はよく衝突していました。

 

ある日私の逆鱗に触れ、父が仕事から帰ってきて「ただいま」と言っても無視。何かを話しかけてきても無視。目も合わさない。

だんだん父の「ただいま」と言う声に力がなくなっていくのを感じていました。

 

父はお酒を飲んでいたため記憶になく、母から聞いて物凄く反省していました。

でも時すでに遅し、今まで溜まってきたものが爆発した私は許すことが出来ませんでした。

 

恐らく1カ月程父に対する無視は続いたと思います。

 

そのことがキッカケで酒を飲むことを禁止しました。

 

それから私も家を出て生活するようになり、時折かかってくる母からの電話で

 

お父さん、あれからたまに一杯飲むけどだいぶ弱くなったわ、それ以上飲まんもん。

 

と聞いていたので、まあ母に迷惑をかけない程度ならいいかな、と思い特に何も言わないでいました。

 

ただ、私の前では飲むことを許しませんでした。

 

そしてさらに月日は流れ、初めて旦那を紹介する時に飲み過ぎないことを条件にして私の前でお酒を飲むことを許しました。

 

何だかお酒の方に話が逸れたうえに長くなったので一旦ここで終わりにします💦

人工知能は人間を超えるか【電子書籍】[ 松尾 豊 ]

価格:972円
(2018/6/6 23:58時点)
感想(1件)